ニキビ肌の正しい洗顔方法!【画像付きで解説】

ニキビ肌への正しい洗顔方法とは?

 

をテーマにこのページでは正しい洗顔方法についてレポートしています。
前回の「ニキビ対策洗顔で注目すべき成分は?」と関連しているのでまだそのページを見ていない人はそちらから見てみてね!

 

 

ゴシゴシ洗いは絶対しない

ニキビ用洗顔にも、泡立てるタイプのものがあったりクリームタイプのものがあったりしますが、どちらの洗顔を使うときも洗顔料をゴシゴシ顔に当てるような洗い方は絶対NG!!
とくに泡立てないタイプの洗顔料を使うときは注意しましょう。
薬指の腹で優しくクルクル汚れをかき出すようにマッサージするのがGOODだといわれています。スクラブ入りの洗顔でゴシゴシ〜!!なんて絶対やっちゃダメだよ><

 

 

ゴシゴシ関連でいうと、男子で多いのが顔をふくときのタオルでゴシゴシ。
顔の皮膚ってすっごい薄くてもろいものだから、タオルゴシゴシも厳禁!
ゆっくり抑える程度にするように気をつけましょう。

 

 

 

できるだけ素早く泡を落とす

次に大事なのが、すすぎまでの時間を早くすること。
ニキビ用の洗顔っていうのは「脱脂力」といって顔の皮脂汚れを取り除く力が強い洗顔が多いです。皮脂を取り除くことがニキビ予防につながるのでソコは仕方ないんだけど、
あまり長い時間泡を顔の上にのせているとどんどん油分が奪われていってしまうので、できるだけ早くすすぐように意識してみてください。
短い時間でもニキビ洗顔の場合だと汚れがしっかり落とせています。

 

 

すすぎは自分の思ってる10回多くやる

最後に大事なポイント「すすぎ」。
せっかく毛穴の汚れを綺麗にしてニキビ予防を頑張っているのに、洗顔を落としきっていないと余計に毛穴を塞いでしまって逆効果に…m(_ _)m
すすぎの回数は自分が「よし!もういいだろう!」って思ってからそこからさらに10回多くやってください。そのときもゴシゴシするんじゃなくて、水を顔に当てるような感じですすぎましょう!

 

 

ゴシゴシこすらない分、すすぐ回数が多くなると思うけど
お肌を刺激するのは絶対にNGなので、気をつけて。シャワーの温度も高いのはあまりよくありません。(油分をもっていかれる%が高くなるから)できるのであれば、32℃〜35℃くらいのぬるま湯orお水ですすいでみるようにしてみてください。

 

 

洗顔後はできるだけ早く保湿を!

正しい洗顔方法についてのポインはココまで。
あとは、洗顔後の保湿までの時間を早くすることを意識してね!
お肌は乾燥を感じると「アレ?肌乾燥しとるやないか。皮脂ださなアカン!」と脳に指令がいって余計な皮脂を分泌してしまうことになります。
なので洗顔がおわったあとはできるだけ早く保湿するように心がけてください。ファイト。

 

 

▼どんな洗顔がいいのかわからない…という人はコチラ